HOME 魔法のフライパンとは メイド・イン・ジャパンの鋳造技術
魔法のフライパンとは

メイド・イン・ジャパンの鋳造技術

魔法のフライパンは、メイド・イン・ジャパン。
日本の技術に魅かれた海外からの旅行者にも、人気のお土産にもなっています。
ものづくりの魂がこめられた、製造工程を紹介します。

メイド・イン・ジャパンの鋳造技術1

魔法のフライパンができるまで

製造工程1
原料を溶かす

魔法のフライパンは鋳物製です。
まず原料の鉄を溶かすところからはじめます。強力な電磁石で原料の鉄をつり上げます。

製造工程2
原料を炉に投入

つり上げた原料を、鉄を溶かす炉に投入します。

製造工程3
鉄の状態を確認

高温の炉の中で溶かされた鉄の温度は1300℃!!
鉄の溶け具合を確認します。

製造工程4
炭の粉を入れる

溶けた鉄の中に炭の粉を入れます。
この炭がフライパンの中に適度に分布することにより遠赤外線効果を生みます。
焦げ付きにくく、料理を美味しくする「魔法のフライパン」の重要なポイントとなります。

製造工程5
炉から鉄を取り出す

炭の粉からキラキラした火花が散るようになればいよいよ炉から鉄を取り出します。

製造工程6
不純物の除去1

そこへ不純物を取るための粉を加えます。
これを入れないとフライパンが割れたり、穴が空いたりする原因になります。

製造工程7
不純物の除去2

不純物が固まってきたら取り除きます。熱く危険な作業ですが、これも手作業です。

製造工程8
鋳型の準備

鋳型を多数積み重ね、ボルトで締めて準備をします。

製造工程9
鋳型に鉄を流し込む

鋳型に溶けた鉄を流し込みます。製品の出来映えを決める難しい作業で、大変緊張する一瞬です。

製造工程10
鉄を冷やす

鋳型に流し込まれたあとはゆっくり時間を掛けて冷やします。 時間を掛けて冷やすことが精密なフライパンづくりのポイントです。

製造工程11
フライパンを取り出す

いよいよ鋳型を木槌で割って取り出します。この段階ではくすんだ色でバリもある状態です。

製造工程12
磨きをかける

ひとつ一つ手作業で入念に磨きをかけます。この作業が終わると銀色に輝くフライパンとなっています。

製造工程13
魔法のフライパン完成!!

黒色の塗料を吹き付け、390℃に暖めたオーブンで焼き付けます。コンベアーでオーブンから出てくると「魔法のフライパン」の誕生です。
※食品塗装は食品用塗装として国の認可を受けているものを使用しており、人体へはまったく影響ございません。 (食品衛生法・食品、添加物等の規格基準に適合) ご家庭では400℃以上でのご使用は絶対におやめください