HOME 魔法のフライパンとは 開発ストーリー
魔法のフライパンとは

開発ストーリー

魔法のフライパンの素材である「鉄鋳物」。
従来の厚みは4~5mm。無謀ともいえる1.5mmの開発に費やした歳月は10年。
なぜそれに挑んだのか?
そして、何がそれを支えたのか?
開発ストーリーに迫ります。

開発ストーリー1

3倍難しいことに挑もう!

バブル崩壊、それは典型的な下請け企業には、厳しい時代のはじまりでもあった。時代を生き抜くためには、体力勝負の価格競争ではなく、独自の技術を磨くことを決めた。
倍の技術では追いつかれる、そう思い目標は3倍難しいことにした。
苦しい開発期間を支えたのは「君の代わりはいくらでもいる」と言われた悔しさだった。
来る日も来る日も研究を続ける中、ある失敗が奇跡を生んだ。
10年の歳月を経て「変わりはいくらでもいる」と言われた中小企業は、誰も見たことがない、「魔法のフライパン」を完成させた。
【開発ストーリーが本になりました】

JISの1/20の鋳造精度!

魔法のフライパンの開発に欠かせなかったのが、長年培った精密鋳造技術。
小さな機械部品を手がけるうちに、着実に鋳造技術は磨かれていた。実にJIS規格の1/20の寸法公差を実現する、他社がまねできない高度な精密鋳造法を確立した。
工業部品の加工時間を短縮し、コストダウンに貢献するこの技術を応用することで「魔法のフライパン」が完成しました。

開発ストーリー2
試片 L側縦 L側横 L側差R側差 R側縦 R側横
1 31.0 31.0 0.0 0.1 31.0 30.9
2 31.0 30.9 0.1 0.1 31.0 30.9
3 30.9 31.0 0.1 0.0 31.0 31.0
4 31.0 30.9 0.1 0.0 31.0 31.0
5 31.0 30.9 0.1 0.1 31.0 30.9
6 30.9 31.0 0.1 0.1 31.0 30.9
7 31.0 31.0 0.0 0.0 31.0 31.0
8 31.0 30.9 0.1 0.1 31.0 30.9
9 31.0 31.0 0.0 0.1 31.0 30.9
10 31.0 31.0 0.0 0.0 31.0 31.0

■鋳放し直系寸法及び直系の許容差(JIS B0407)(参考資料)

(単位 mm)
寸法の区分 ねずみ鋳鉄品 球状黒鉛鋳鉄品
精級 並級 精級 精級
10以下 ±1 ±1.5 ±1.2 ±2
10を超え18以下 ±1.5 ±2 ±1.5 ±2.5
18を超え30以下 ±2 ±3 ±2 ±3
30を超え50以下 ±2 ±3.5 ±2.5 ±4

→メイドインジャパンの鋳造技術へ