HOME 使い方・メンテナンス 焦げ付きの原因と対処法
使い方・メンテナンス

焦げ付きの原因と対処法

コツを覚えれば、その効果は一生もの。
鉄鋳物や鉄のフライパンを使ったことがない場合、食材が焦げ付いてしまうことがあります。
ポイントを抑え、焦げ付きの原因を知ることで、だんだんとコツが分かってきます。
コーティング加工と違い、習得したコツの効果は一生ものといえます。

焦げ付きの原因と対処法1

まずは焦げ付きを取りましょう!

手で触ってザラッとしたところがあるときは、焦げ付きが残っています。
時間がたって頑固になってしまった焦げ付きは、固めのスポンジや金属製のたわし、クリームクレンザーなどでキレイに磨き取ります。
きれいに磨いた後はよく洗って、火にかけて水けを飛ばし、キッチンペパーに含ませた油を全体に塗って保管します。

実際の手順は、シンプル4ステップ

(1)空の状態で強火で1分くらい加熱 (IHの場合は、中火以下で)
   ↓
(2)1度火を止める
   ↓
(3)料理に必要な量の油を入れ、20~30秒かけて全体になじませる
   ↓
(4)もう1度火をつけて、中火くらいであたため食材を入れる

その理由は?

(1)パンを十分熱くするのは、油なじみをよくするため。
  フライパンが高温になることで、入れた油がなじみやすくなります。

(2)火を止めるのは、フライパンを適温に下げるため。
  熱の伝わりのいいのが特長ですが、加熱を続けると温度が上がりすぎてしまいます。

(3)油がなじんでいないところはくっつきやすい。
  油がのっていないところはくっつきやすいです。
  油の量が少ないときはキッチンペーパーで、全体にのばします。

(4)中火くらいで調理には十分です。
  フライパンがあたたまっていれば、火力は中火でも十分です。

分かりやすい動画で確認!

フライパンの加熱方法を分かりやすく動画にしました。

1.卵すべる編

2.卵すべらない編

誰でも最初は初心者です

焦げ付き防止コーティングの樹脂加工製品になれていると、最初は火加減や取り扱いが難しいかもしれません。しかし一度加熱のコツを覚えてしまえば、その効果は一生もの。 ブログで使用しているフライパン・北京鍋は、2004年から継続して使用しているものです。 せっかくコーティングの劣化による買い替えがないフライパンです。 あなた自身の力で、焦げ付きにくいフライパンを手に入れましょう!

ブログでは、焦げ付きを防ぐコツとして体験談もお話しています。

魔法のフライパンブログ